Skip to content

格安高速バスのメリットとデメリット

格安高速バスにはメリットとデメリットがあります。

その特性をよく理解して、巧く利用すれば楽しい旅になるでしょう。まず、メリットについてはとにかく安いことにあります。例えば、東京発の大阪行きの高速バスの場合、かなり距離があるにもかかわらず、最安値では2500円前後で乗車することができます。これは新幹線料金の6分の1の価格であるため、かなり破格の値段であることがおわかりいただけるでしょう。これだけ安いので、学生が旅行をしたり、規制に利用したり、さらには就職活動で利用する機会が多く、多くの需要を見込むことが出来るとあってバス会社も格安で高速バスのサービスを提供しているのです。

次に、格安高速バスのデメリットですが、とにかく狭くて体がきついということにあります。最近では、高級志向の夜行バスが登場して話題を集めていますが、高級なバスに比べるとほとんどリクライニングを使用することはできないと考えて良いです。リクライニングを倒して横になることができないため、ほぼ直角のまま座って目的地を目指すことになるので、疲労感があるのです。ただ、格安高速バスでも工夫をすれば疲れを緩和しつつ快適なバスの旅を楽しむことが出来るようになりました。

ネックピローを浸かったり、行程の途中で飽きないように端末から映画を見ることができます。最近では、格安のバスでも1人1人コンセントを利用することが出来るため、ゲームをしたりすることができます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *