Skip to content

1泊2日で沖縄を楽しむ時のポイントとは?

沖縄県と言えば那覇市がある本島への観光に人気が集中していますが、1泊2日と言う短い時間の旅行でも、プランをしっかりと練り上げておけば楽しい旅行に繋げることができます。

1泊2日の旅行日程の中でも大きなウェイトになるのは往復の移動時間ではないでしょうか。東京から那覇空港までは片道約2時間半の所要時間が必要です。往復にすれば約5時間になるわけですから、1泊2日の短い日程の中でのウェイトは大きなものとなり得ます。しかしながら、早朝に出発する便を利用することで、沖縄での滞在時間を増やすことが可能になるわけです。

羽田から那覇空港への航空便は、季節にもよりますが午前6時出発の便を使えば、那覇空港には8時30分頃に到着、空港に着いてから荷物の受取などがあるので多少のロスタイムはあるものの、滞在時間が長くなるメリットを持ちます。ちなみに、荷物の受取は空港では必ず行われるもの、こうしたイメージを持つ人も多いかと思われますが、旅行に出掛ける時に小さなバッグやリュックサックに収まるものであれば機内に持ち込みが可能です。そのため、コンパクトに荷物をまとめておけば受取の時間をゼロにすることも可能になります。

一方、帰りの便は午後8時頃が最終便で、羽田に到着するのは午後10時30分を過ぎることになります。しかし、夜の8時頃まで沖縄に滞在ができるわけですから1泊2日の旅行日程でも十分南国の雰囲気を楽しむことができるのではないでしょうか。尚、早朝の出発便を利用する時には、遅くても午前5時半頃までには空港に到着している必要がありますので、前日は空港近くのホテルに宿泊するなどで、始発の便を利用できるようになるわけです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *