Skip to content

ゴルフクラブのシャフト

ゴルフクラブでゴルファーが最もこだわりを見せる部分がシャフトです。

まずは硬さの種類ですが、一般的にはレディースのLからレギュラーのR、スティッフのS、Sより硬いXがあります。Xより更に硬いXXダブルエックス、XXXトリプルエックスもありますが、これらは特にハードヒットするプロや、ドラコン専門のゴルファーに愛用される特別な硬さと言えます。選ぶ基準はヘッドスピードに依存しますのでゴルフショップなどの試し打ちが可能なところで実際に自分の速さを測って判断します。

ヘッドスピードが遅い人が硬いクラブを使うとしならず、飛びません。逆に速い人が柔らかすぎるクラブを使うとしなり過ぎてインパクトでヘッドが返って来ず、ボールが曲がる原因となります。初心者はRを選ぶことが多いです。一方プロでも、アイアンはリズム良くゆったりと振るためにRを使用するという人もいます。意外と無頓着になりがちなのが長さです。背の高い人と低い人では適正な長さは当然違ってくるので、特に背の高い人はクラブの短さのせいでハンドダウンに構え過ぎないように気をつけるべきです。ゴルフクラブのシャフトで選ぶのが難しいなのがバランスです。

ゴルフクラブは同じ硬さでもしなるポイントを変えることにより、同じ力で振ってもその飛び方や曲がり具合に差が出ます。手元調子や先調子などと表現されます。例えば、パワーのある人は手元にしなるポイントがある方がいいとか、先にそのポイントがあった方がボールの曲がり具合をショットごとにコントロールし易い、などの特徴が挙げられます。いろいろな硬さやバランスのゴルフクラブを実際にたくさん振ってみれば違いがわかり易いので、試し打ちをしてみることをお勧めします。その中から自分にぴったり合う一本を選ぶのもゴルファーの大きな楽しみの1つです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *