Skip to content

野沢温泉はスノボと温泉が楽しめます

長野県の野沢温泉スキー場にスノボに行く場合、上信越自動車道の豊田飯山ICから約25分の距離にあり、駐車場が第1~3まであって合計1120台の駐車スペースを確保しているほか、一般パーキングも4ヶ所あるので車で行く場合も安心できます。

また、電車を利用の場合はJR飯山線戸狩野沢温泉から路線バスで約20分の距離にあり、レンタルなども充実しているので、最小限の荷物で行く事もでき、スクールや託児所、キッズルームなどの施設もあるので、小さなお子さんのいるファミリーでも楽しむ事ができます。

野沢温泉スキー場の特長として、標高1650mある毛無山山頂から山麓にかけて大きく広がり、標高差は1085mあるので十分スノボを満喫でき、ゲレンデコースの総面積は297haと日本有数のビックスノーエリアとなっています。また、歩く歩道や長坂ゴンドラリフト、日影ゴンドラリフトなど合計22基のリフトが稼働していて、コース数は全部で39コースあり、コース構成は初級40%、中級30%、上級30%となっているので、初心者から上級者まで幅広く楽しめ、毎年5月上旬まで滑る事ができます。

スノボを楽しんだ後は、温泉で疲れを癒す事もでき、野沢温泉は無料で入浴できる外湯が13ヶ所あり、それぞれ泉質や効能などが異なるので13通りの楽しみがあり、野沢温泉にスノボに行く場合は入浴の準備をしてから行くと、スノボと温泉の2通りの楽しみが満喫できます。
野沢温泉でスノボのことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *