Skip to content

大阪で沖縄らしさを体験するなら大正区へ

大阪で沖縄の雰囲気が味わえる場所があることをご存知でしょうか。

大阪市の西側、海に隣接する大正区です。ここ大正区は、一説によると区民の約4分の1が沖縄出身者かその子孫ともいわれており、大阪では「リトル沖縄」と呼ばれています。路地を歩けば魔除けのシーサーを設置する家々があり、商店街を歩けば南国風の音楽や民謡、三線(サンシン)の音が聞こえてきます。

また、八百屋に行けばゴーヤーなどの島野菜が並び、精肉店では豚足が販売されていたりと、沖縄料理に用いられる食材が豊富に揃っています。南の島に来たのではないかと錯覚するほど、南国情緒溢れる雰囲気が感じられるのです。大正区の料理店で楽しめるのは、本格的な郷土料理から、ゴーヤーチャンプルーやタコライスなどの定番人気メニュー、地元の人が楽しめるようにアレンジを加えた料理まで種類豊富です。

海を渡らなくても本場の郷土料理を味わえるとあって、足を運ぶ人も少なくありません。第一次世界大戦後、沖縄から大阪への移住者が多く移り住んだ地域、それが大正区でした。不況のあおりから出稼ぎのために、多くの人が紡績産業の盛んな大阪に渡ったのです。中でも大正区は工場が数多く建設されていたため移り住む人が相次ぎ、自然と地元の文化が根付いていきました。大正区はドラマの舞台にもなり注目されましたが、それほど観光地化されていないこともあり、地元の人々の飾らない生活を垣間見ることができます。ちょっとした旅行気分を味わうなら訪れたい場所です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *