Skip to content

高齢者でも安心なツアー参加

定年退職を迎えて悠々自適の暮らしを送っている人が、余った時間を利用して、旅行会社が主催するパッケージツアーに参加する機会というのは、いまではかなり多くなっています。

しかし、年齢的にまだ若い間はよいとしても、高齢のために足元がおぼつかず、つえを使って歩行するようになったり、あるいは他人の介助を必要とするようになったりした場合には、こうした既存のパッケージツアーに参加することが、たいへん難しくなってきます。

もちろん、パッケージツアーに参加する資格がないというわけではなく、誰に対しても募集の門戸は開かれているわけですが、階段が多いルートを歩くために身体的に疲れがたまったり、時間の制約がきつくて十分に観光を楽しめなかったりするケースはありがちといえます。

そこで、最近ではユニバーサルツアーとして、高齢者、あるいは障害のある人でも安心して参加できるようなパッケージツアーを組んでいる旅行会社がありますので、そうした機会に参加をするのもよいでしょう。このような企画であれば、スケジュール的にもゆとりをもって構成されているほか、途中の経路などもスタッフがあらかじめ調査をしているため、スロープが併設されていたり、移動距離を極力少なくしていたりと、かなりの配慮がされています。

また、添乗員にもホームヘルパーや介護福祉士、社会福祉士などの資格をもった人が採用されているケースが多いため、現地での突発的な事態にも対応することができます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *